旭山にゅーす・ぶろぐ

【図書館ぶろぐ】一覧

  • このページでは「図書館ぶろぐ」の記事のみを掲載しています。

「図書館ぶろぐ」は、図書館スタッフが、日々の図書館の様子や取り組みなどをブログにて紹介しています。

2017年11月の図書館ぶろぐの記事

  2017年・冬期の「絵本の読み聞かせ」は12月9日(土)11:30スタートです

エゾリス
(耳の先の毛が冬仕様になったエゾリス)


 

2017年も残すところ30日を切りましたね。

動物図書館では、そんな12月、冬期1回目の「絵本の読み聞かせ」を行います。

時間は、夏と異なり、11:30からとなっております。

 12月に読む本

 


 

今回、読む本は世界的な絵本作家として有名なエリック・カールの「ゆっくりがいっぱい!」。のんびりナマケモノのそばを、たくさんの動物たちが通っていきますよ。

もう1冊は「しろねこしろちゃん」。黒ネコのお母さんから生まれた、真っ白なネコのお話です。

 

もちろん読み聞かせのあとは、絵本に登場してきた動物について飼育スタッフが解説をしてくれます。お子さんはもちろん、大人でも楽しめる内容となっておりますのでぜひ、12月9日(土曜日)11:30に、動物図書館に来てくださいね!

 

また、2017年度・冬期(11月~3月)の「絵本の読み聞かせ」スケジュールもできましたので、ご報告いたします。

読み聞かせスケジュール

 


毎月第2土曜日に実施している「絵本の読み聞かせ」ですが、冬期は開始時間が11:30からとなります。お間違えのないよう、お願いいたします。

(投稿者 北川裕美子)

 

 2017年冬期読み聞かせスケジュール(PDF形式 64キロバイト)

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」最新号を発行しました!

ホッキョクギツネ

(写真1:ホッキョクギツネは、もうちょっと白くなりそうです)


 

園内にある木々の葉も落ち、あっというまに秋が終わってしまいました。

そろそろ園内が真っ白になる頃ですね。

動物たちの冬じたくも、着々と進んでいるようです。

さて、先日、新しい「動物園だより」と「どうぶつえんみにだより」を発行しました。

「動物園だより」では動物の仔たちが「放飼場デビュー続々」ということで、アムールヒョウの仔とキングペンギンのヒナ、レッサーパンダの仔を紹介しています。

「どうぶつえんみにだより」では、冬に真っ白な毛になる「ホッキョクギツネ」を紹介していますよ。

また、現在、動物資料展示館(2階が動物図書館です)で、これまで発行してきた「動物園だより」「どうぶつえんみにだより」を掲示する「動物園だより&どうぶつえんみにだより展」を開催中です。来年3月まで開催中で、月替わりで掲示内容を変更しています。

ぜひ、見に来てくださいね。

旭山動物園だより245号

内容:冬期開園スタート!放飼場デビュー続々!

だより245

旭山動物園だより245号(PDF形式 960キロバイト)

あさひやまどうぶつえんみにだより 78号

内容:ホッキョクギツネ

みにだより78

旭山動物園みにだより78号(PDF形式 679キロバイト)
 

「旭山動物園だより」「あさひやどうぶつえんみにだより」のバックナンバーはこちら(「資料・統計」のページへ)