旭山にゅーす・ぶろぐ

【図書館ぶろぐ】一覧

  • このページでは「図書館ぶろぐ」の記事のみを掲載しています。

「図書館ぶろぐ」は、図書館スタッフが、日々の図書館の様子や取り組みなどをブログにて紹介しています。

2017年8月の図書館ぶろぐの記事

8月12日(土曜日)の11時から動物図書館で絵本の読み聞かせがあります。

園内各所で鳴いてはいるものの、草むらに隠れてなかなか見つけられなかったキリギリス、やっとカメラにおさめました。

 キリギリス

写真1  やっと撮れたキリギリス


さて、動物図書館から絵本の読み聞かせのお知らせです。

8月の絵本の読み聞かせは812日(土曜日)11時からです。

今回の絵本は

東京の井の頭自然文化園の飼育係をしていた、北田祐二さんが文を担当した

「ヤマアラシがおこったら」という、ヤマアラシについて書かれた絵本と

あべ弘士さんの「ふたごのしろくま とりさん、なんば?のまき」の2冊です。

本 

写真2  8月の読み聞かせの本、2冊


また、絵本の読み聞かせの後には飼育スタッフからの動物解説があります。

飼育スタッフならではの、詳しく、興味がわく解説を聞くことができますよ。

8月12日(土曜日)の11時からは、ぜひ、動物図書館へお越しくださいね!

8月9日(水曜日)~15(火曜日)は夜の動物園です。

夜だから活発に動き出す、夜だから眠る・・・

夜にしか見られない動物たちの姿を、ぜひ見にきてくださいね。

(投稿者 北川裕美子)

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」最新号を発行しました!

トンボ

写真1 トンボがたくさんいますよ


8月になりました。園内にはトンボも飛んでいますし、草わらではキリギリスも鳴き始めました。今月は「夜の動物園」がありますね。ということで、今回発行の「旭山動物園だより」では「夜の動物園」を特集しています。開園50周年記念ということで、いつもより多くの催しがありますよ。夜の動物を観察するのはもちろん、ぜひ催しにも参加してみてくださいね。「どうぶつえんみにだより」はとても身近な鳥、「スズメ」です。旭山動物園では、こんな身近な生き物も展示しているんですよ!

現在、動物資料展示館1F(2階が動物図書館です)で、これまで発行してきた「動物園だより」「どうぶつえんみにだより」を掲示する「動物園だより&どうぶつえんみにだより展」を開催中です。来年3月まで開催中で、月替わりで掲示内容を変更しています。8月は、年度の入園者数が82万人となり、道内一の入園者数となった2003(平成15)年のもの、みにだよりは2012(平成24)年。ぜひ、みにきてくださいね。

まだまだ暑いですが、夜の動物園が終われば、秋の足音が聞こえてくるんですね・・・。

ウサギ

写真2 自分で土を掘ったところに体を入れ暑さをしのぐエゾユキウサギ


旭山動物園だより242号

内容:夜の動物園特集

だより

旭山動物園だより242号(PDF形式 828キロバイト)

あさひやまどうぶつえんみにだより 75号

内容:スズメ

みにだより

旭山動物園みにだより75号(PDF形式 496キロバイト)
 

「旭山動物園だより」「あさひやどうぶつえんみにだより」のバックナンバーはこちら(「資料・統計」のページへ)