旭山にゅーす・ぶろぐ

【図書館ぶろぐ】一覧

  • このページでは「図書館ぶろぐ」の記事のみを掲載しています。

「図書館ぶろぐ」は、図書館スタッフが、日々の図書館の様子や取り組みなどをブログにて紹介しています。

2016年5月の図書館ぶろぐの記事

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」最新号を発行しました!

小学校中学年以上~大人向けの「旭山動物園だより」と、小学校低学年向け「あさひやまどうぶつえんみにだより」の2種類の最新号を発行しました。
旭山の”今”を伝えるタイムリーな情報やクイズなどが楽しめますよ!
ぜひご覧ください !!

旭山動物園だより229号

内容:新しくなった施設や展示に注目!

動物園だより229号

旭山動物園だより229号(PDF形式 1,056キロバイト)  

あさひやまどうぶつえんみにだより 62号

内容:オオワシ

 あさひやまどうぶつえんみにだより62号

あさひやまどうぶつえんみにだより62号(PDF形式 1,183キロバイト)

 

バックナンバー 

「旭山動物園だより」「あさひやどうぶつえんみにだより」のバックナンバーはこちら(「資料・統計」のページへ)

 

今年度最初の、読み聞かせを行いました。

 

ゴールデンウィークが終わり、新年度も、あっという間に1か月が過ぎてしまいました。

動物図書館前のエゾヤマザクラの花は、全て散ってしまいましたが、これからは新緑の季節がはじまります。

 

読み聞かせの様子

さて、動物園図書館では、5月14日(土曜日)に、今年度最初の読み聞かせを行いました。

今回の絵本は「はくちょう」と「むしたちのうんどうかい」でした。

「むしたちのうんどうかい」では、チョウ、バッタ、クワガタ、ダンゴムシなど、たくさんの虫が登場しました。

「はくちょう」は、幻想的なストーリーでしたが、ハクチョウの美しさが、絵を通して感じることができる絵本だったと思います。

 

ハクチョウの説明

読み聞かせ後、飼育・ととりの村担当・高橋から、ハクチョウの「渡り」や「食べ物」についての解説がありました。「渡り」については、図書館内にある世界地図を使って、ハクチョウがどこの国から、何のために日本に渡ってくるのかなどの解説があり、また、旭川市内でも渡りの時期にはハクチョウが見られること、夜でも群れが空を飛んでいること等のお話もありましたよ(私も4月上旬、園に向かう途中にある、ぬかるんだ田んぼで、エサをついばむハクチョウを見かけました)。

世界地図を使って渡りの説明

園内・正門そばの「ととりの村」には、オオハクチョウ、コハクチョウ、コクチョウと3種類のハクチョウの仲間がいます。種類の違いや姿の美しさなど、ぜひ観察してみてくださいね。 

次回の読み聞かせは 6月11日(土曜日) 11:00から。

「しぜん! オランウータン」「ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき」の2冊を読みます。

もちろん、読み聞かせ後には、飼育担当から、絵本で登場する動物にまつわる解説がありますよ。

ぜひご参加くださいね。お待ちしております!

 

                                   (投稿者 北川裕美子)

5月の読み聞かせを行います!(5月14日)

園内の桜も少しずつ散ってきてしまいました。

今日は風もあり、更に桜が散ってしまっています…。

見ごろは先週末でした!きれいな桜が満開に咲いていましたよ!

図書館前の桜

 (先週末の図書館前の桜)

さて、今年度第1回目の絵本の読み聞かせを5月14日(土曜日)午前11時より行います。

今回の絵本は『はくちょう』と『むしたちのうんどうかい』の2冊です。

5月の読み聞かせに読む本

(5月の読み聞かせの2冊はコレ!)


園内でも夏の開園中しか見ることのできない「はくちょう」。

今回読む『はくちょう』は創作絵本となっていますが、絵本の読み聞かせの後には飼育スタッフによる解説もあります。ととりの村で「はくちょう」を見る前にぜひ絵本の読み聞かせに参加して、はくちょうについて知っていただければと思います。

『むしたちのうんどうかい』もかわいい虫たちに注目です!

それぞれの特性を生かして競技に参加する楽しい絵本となっています。


ここで改めてのお知らせですが、絵本の読み聞かせはたくさん参加された方にはなんとお楽しみがあるんです。

5回参加された方は努力賞、全て参加された方は皆勤賞としてささやかなプレゼントを用意しています!

忙しい毎日の中でゆっくり絵本を見る。そして動物について知り、学び、様々なことを感じる。

そんな時間になってくれたら…と思っています。

お子さんはもちろん、大人の方も楽しめる時間となっています。5月14日は、ぜひ動物図書館へ!
 

                                   (投稿者 昆野優子)

動物図書館からのお知らせ・春

夏期開園がスタートしました。

5月に入り、天候もよくなりたくさんの方が東門の方から歩いてくるのを、
ここ、動物図書館からながめておりました!

動物図書館は、東門の階段(もしくはスロープ)を下って、右手の坂をちょっと下った、
こども牧場の手前にありますので、遊びに来てくださいね。

さて、どうぶつ図書館で実施している「絵本の読み聞かせ」の、
秋までのスケジュールができましたので、ご報告しますね。

読み聞かせスケジュール
今年度の第1回目の「絵本の読み聞かせ」は、5月14日(土曜日)となっております。
もちろん、「読み聞かせ」の後には、飼育担当が絵本に登場した動物の解説を行いますよ。
家族そろって楽しめるので、皆さん、ぜひお越しくださいね!

H28読み聞かせ計画(夏期)(PDF形式 86キロバイト)

「おりがみえほん」の動物は、ダチョウです!

 おりがみ見本
野生の鳥として、もっとも大きい飛べない鳥ですが、その代わり足が速く、時速は60kmにもなるそうです。
かば館で見ることができるので、おりがみえほんを作ったら、その足で、私たち人間よりも背の高い、
ダチョウを見に行ってはいかがでしょう。 

今、お気に入りの本です!

先日、動物図書館内にある約2000冊の本の整理をしておりました!

絵本はもちろんですが、専門的な本や図鑑、絶滅危惧種の本、昆虫図鑑、動物のお話などなど、
本当にたくさんの本がありますよ。

そんな多くの本の中から、今の私の、お気に入りの1冊をご紹介させていただきます。

 北川と本 

『ほんとのおおきさ あかちゃん動物園』(学研)

動物の赤ちゃんが「リアルサイズ」の写真で載っている本です。

他にも、シリーズがいろいろありますよ。

お子様だけでなく、大人の方でも、生き物のことが好きな方なら
「おっ!」「何だろこれ?」と思う本がきっと見つかるはずです。
ぜひ、動物図書館に遊びにきてくださいね!
 

最後に、ご挨拶が遅くなりました。

4月より動物図書館で働くことになりました北川です。

毎日、園内では、本当にいろんな発見&感動があります。

みなさんも、動物図書館で、旭山動物園でいろんな発見していってくださいね!

(投稿者:北川 裕美子)