(参加募集1月14日から2月3日まで)旭山動物園・自然観察会「エゾシカが増えてどうなった!?現役ハンターと歩く自然探検」(2月4日実施)

最終更新日 2018年1月7日

ページID 063101

印刷

イベント名

(2月4日実施)旭山動物園・自然観察会「エゾシカが増えてどうなった!?現役ハンターと歩く自然探検」

旭山動物園・自然観察会とは

内容

現役ハンターと歩く自然観察会    

現在、北海道ではエゾシカの個体数が増加し、各地で農林被害が起こっています。旭川市でも嵐山公園に冬期間、

エゾシカの群れが侵入し、樹皮食いによる被害が起こっています。本園では狩猟免許を取得し、実際にエゾシカの

狩猟を行っている飼育職員がおり、実際に最前線で得た知見や現状を伝えるために自然観察会を開催します。

(スノーシューをはいて嵐山公園を散策します。)

実施日時

2月4日(日曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

定員

20名(小学生以上対象中学生以下保護者同伴)

持ち物

スキーウェアのような暖かいアウター・防寒靴・手袋など暖かい服装

※スノーシューはこちらで用意いたします。持っている方は持参ください。

集合場所

嵐山公園(北方野草園)駐車場

(住所:上川郡鷹栖町嵐山)

嵐山MAP

※クリックで拡大できます。

その他

参加費無料  スノーシューは貸し出します。(持っている方は持参ください。)

悪天候の場合中止。※中止の場合こちらから連絡します。

募集期間

1月14日(日)から2月3日(土)まで(初日の午前9時より電話にて受付)

(重要)募集は定員になり次第終了します。あらかじめご了承下さい。