【高齢者施設向け】社会福祉施設等における災害時の安全対策等について

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2018年9月11日

ページID 064910

印刷

【介護事業所向け】社会福祉施設等における災害時の安全対策について

このことにつきまして、厚生労働省及び北海道より周知がありましたので、次の通りお知らせします。

要配慮者が入所する社会福祉施設等における停電時の安全対策について

社会福祉施設等で停電が発生した際に、特に医療的配慮が必要な入所者等について、電源が確保された協力病院等に一時避難を依頼する等、要配慮者の安全対策に万全を期すようお願いします。

自主電源の燃料補給について

旭川市内においては、地震に伴う停電は復旧しましたが、今後も電力不足により停電が起こる可能性がありますので、自主電源の燃料補給等の対策を行うようお願いします。

今後の余震発生時等への対応について

胆振東部地震につきましては、現在も余震が発生しているなど予断を許さない状況が続いておりますことから、給湯設備や自家発電装置の点検及び燃料補給や避難手順の再確認を行うなど、利用者等の安全対策に万全を期すようお願いします。

節電への協力について

旭川市内においては停電が復旧しましたが、今後の電力需要によっては再び停電が発生することも考えられますので、各社会福祉施設等におきましては、節電に努められますようご協力をお願いします。

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)