「平成28年台風第10号災害を踏まえた課題と対策の在り方」についての報告等

情報発信元 指導監査課

最終更新日 2016年12月29日

ページID 058954

印刷

政府において、今年8月に岩手県岩泉町で発生した台風第10号がもたらした水害を教訓とし、避難に関する情報の改善方策等について検討されてきました。

今般、その検討会の報告書が公表されましたのでお知らせします。

報告では、地域の防災力を総合的に高め、迅速かつ確実な避難行動がとれるように、要配慮者利用施設の管理者が今後実施すべき取組について数多く取りまとめられていますので、ぜひご一読ください。

通知(PDF形式 96キロバイト)

検討会報告(概要)(PDF形式 312キロバイト)

検討会報告(本文)(PDF形式 2,042キロバイト)
 

また、今回の水害では、高齢者施設において避難準備情報の意味するところが伝わっておらず、適切な行動がとられなかったことが課題とされていたため、避難勧告・指示についての名称が以下のとおり変更されましたのでお知らせします。

(変更前)       (変更後)

「避難準備情報」 → 「避難準備・高齢者等避難開始」

「避難勧告」   → 「避難勧告」

「避難指示」   → 「避難指示(緊急)」

避難情報の新たな名称と伝え型のイメージ(PDF形式 626キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部指導監査課

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第2庁舎2階
電話番号: 0166-25-9849
ファクス番号: 0166-25-9090
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)