旭川市医療安全支援センター 医療機関の方へ

情報発信元 保健総務課

最終更新日 2017年7月13日

ページID 001731

印刷

医療相談集計結果

旭川市医療安全支援センターにおける、平成24年度から平成28年度までの過去5年間分の医療相談集計結果を御紹介します。

苦情及び相談件数比較
医療相談総件数は、各年度で200から250件の間を推移しています。

総件数を増減させる要因となる再相談件数については、1割から2割と幅があり、特に平成28年度は2割近くの46件と多く見られたため、総件数増加の要因となったと思われます。

総件数のうち苦情の占める割合は3割弱から4割を推移しており、こちらは、過去5年間において大きな変動は見られていません。

相談受付時間の年度推移

相談受付時間については、相談者からの相談受付時間のみ集計しており、記録、医療機関等への連絡は含んでいません。

相談の約半数は、10分以上30分未満の相談受付時間となります。全体の3.4パーセントですが、1時間を越す相談事例も見られています。

相談内容内訳苦情内容内訳

相談に分類される最多の項目は「病院等紹介」で、苦情に分類される最多の項目は「職員対応」となっています。

年度により「診療内容」が上位に上がることもありますが、これらの項目については、例年多く見られる相談項目です。

相談区分ごと納得度比較
例年、納得・やや納得されて終了した相談が多く、これらを合わせると9割前後を占め、特に平成28年度は、95%となりました。

納得されて終了する相談事例が大半ではありますが、全体の1割前後は、あまり・全く納得せずという結果となる事例が見られます。
相談区分ごとに、納得、納得せずとなった事例を比較すると、納得が得られなかった事例としては、「診療内容」に関するものが最も多く、次いで「職員対応」「医療費・診療報酬」の順で見られました。

主催研修会情報

旭川市医療安全支援センターでは、年1回、市内の医療提供施設の職員対象に研修会を開催しています。
一部、過去の講演資料も公開していますので、参考に御覧ください。

主催研修会情報
開催年月日 講演内容(題名、講師) 出席者
平成19年
9月6日

医療安全対策の実践について

~事故報告等から安全の確保を目的とした

改善のための方策を中心に
講師 医療法人禎心会病院 看護部長

市内の病院、
診療所の医療従事者等
57人
平成20年
9月3日

医療機器安全管理体制の整備とその運用について

~北海道大学病院の取組み
講師 北海道大学病院 診療支援部 副技師長

市内の病院、
診療所の医療従事者等
107人
平成21年
9月2日

特定医療法人北楡会札幌北楡病院における

医療安全の取組み
講師 特定医療法人北楡会札幌北楡病院 看護部長

市内の病院、
診療所の医療従事者等
69人
平成22年
9月1日

自施設の感染管理を実践して思うこと

~医療監視の視点から感染対策を振り返る
講師 NTT東日本札幌病院 医療安全管理センタ 主任

市内の病院、
診療所の医療従事者等
95人
平成23年
9月1日

医薬品に関連した医療事故防止対策について

~医薬品の安全管理と効果的な職員教育について
講師 北海道大学病院 薬剤部 主任

市内の病院、
診療所の医療従事者等
76人
平成24年
9月5日

事例から学ぶクレーム対応のポイント

~信頼を得るために

資料(PDF形式 899キロバイト)
講師 株式会社吉岡経営センター

メディカルコンサルティング部 課長代理

市内の病院、
診療所の医療従事者等
60人
平成25年
9月4日

患者等と良好な関係を築くための

コミュニケーション技法

資料(PDF形式 697キロバイト)
講師 一般社団法人北海道医療ソーシャルワーカー協会

事務局長

市内の病院、
診療所の医療従事者等
74人
平成26年
9月3日

ヒヤリハットから効果的な再発防止策を導き出すまで

~社会医療法人禎心会病院での取組

資料(PDF形式564キロバイト)

講師 社会医療法人禎心会病院 看護部長
市内の病院、
診療所の医療従事者等
64人
平成27年
9月5日

院内での多剤耐性菌対策を考える

~平常時における対策を中心に
講師 医療法人徳州会 札幌徳州会病院

感染管理認定看護師

市内の病院、

診療所の医療従事者、

介護老人保健施設職員等

55人

平成28年
9月2日
転倒転落―終わりなき戦いー

資料(PDF形式6,226キロバイト)

講師 旭川赤十字病院 医療安全推進室 医療安全管理者

市内の病院、

診療所の医療従事者、

介護老人保健施設職員等

57人

平成29年
9月1日

「なぜ、減らない?医薬品に関する医療事故」

~医薬品に関する事例報告から安全管理にまつわる最近の話題まで~

講師 北海道大学病院 医療安全管理部 ゼネラルリスクマネジャー

市内の病院、

診療所の医療従事者、

介護老人保健施設職員等

旭川市医療安全推進検討会

年2回、6人の委員に御出席いただき、旭川市医療安全支援センターの運営方針や旭川市の医療安全の推進のための方策を検討するため、設置しています。
詳細は、医療安全推進検討会の概要についてホームページから閲覧できます。

医療相談事例集

本センターによせられた医療相談内容をまとめたものです。御参照ください。

医療相談事例集(平成28年8月)(PDF形式 2,404キロバイト)

医療相談情報集

本センターの担当職員が、医療相談に対応するためにまとめた情報集です。

一部、医療機関の方々にも参考に御利用いただける部分を抜粋していますので、御参照ください。

医療相談情報集バージョン8(PDF形式 2,278キロバイト)

関連リンク


  • 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA) 

    医薬品・医療機器に関する情報(添付文書など)が確認できます。

  • 医療事故調査制度 

    平成27年10月1日より開始した制度です。

    医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、その調査報告を、医療事故調査・支援センターが収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組み等を、医療法に位置づけ、医療の安全を確保するものです。

お問い合わせ先

旭川市保健所保健総務課

〒070-8525 旭川市7条通10丁目第二庁舎
電話番号: 0166-25-6354

メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)