平成29年度自転車等機器振興事業について

情報発信元 工業技術センター

最終更新日 2018年4月27日

ページID 063902

印刷

補助事業の概要

平成29年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業(公益財団法人JKA)により、旭川市工業技術センターに最新のレーザ加工機およびCAD/CAMソフトを導入し、開放機器とすることで、地域機械金属産業の振興につなげる。また、設計(CAD/CAMの使用)からレーザ加工機による加工までの工程を一体的に技術指導・支援できることから、今後、ものづくりの現場で必要となるデジタルものづくりのすそ野が広がり、地域機械金属産業のより高い競争力を持った産業への成長につなげる。なお、合わせて技術講習会等を実施する等、きめ細かい支援により、製品の高精度化、高付加価値化に寄与する。

予想される事業効果

導入したレーザ加工機は、切断する材料(軟鋼、ステンレス、アルミニウム)の特性に合わせて加工条件、送り速度、焦点距離などを自動的に設定するため、加工の高精度化、時間短縮等が可能となることから製品の高付加価値化・高精度化と生産性の向上につながる。 

本事業により導入した設備

レーザ加工機

 レーザ加工機

株式会社アマダ製 フライングオプティクスレーザマシンFO-M2 2412

(設置場所:旭川市工業技術センター)

性能・使用方法等について

チラシ

お問い合わせ先

旭川市経済部産業振興課 工業技術センター

〒070-8273 旭川市工業団地3条2丁目1番18号
電話番号: 0166-36-3111
ファクス番号: 0166-36-4461
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)