外来種や外来生物とはどういうものですか

情報発信元 環境政策課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 003461

印刷

ごみ・リサイクル・環境に関するよくある質問と答え

質問

外来種や外来生物とはどういうものですか

答え

他の国や地域など、個々の生物の移動能力を超えた場所から人の活動によって持ち込まれた、その地域に本来は生息していない生物は「外来種」として、もともと生息していた「在来種」と区別されています。
外来種には、生態系や農業等への被害拡大が心配されるものがあり、その中でも急激かつ深刻な被害が懸念される国外由来の外来種は「特定外来生物」に指定され、飼育、販売、放流等が法律で規制されています。
本市で確認されている特定外来生物のうち、

  • アライグマ
  • ウチダザリガニ
  • セイヨウオオマルハナバチ
  • オオハンゴンソウ

については様々な活動を通じて防除等の対策が行われています。
また、本州から持ち込まれた生息を拡大している国内外来種「アズマヒキガエル」については毒性が認められておりますので、見つけた場合は素手で触らないようにし、環境政策課へご連絡ください。
なお、これら外来種を新たに生じさせないため、一度飼育した生きものには最期まで責任を持ち、野外へ逃がさないようにお願いします。
詳しくは環境政策課へお問い合わせください。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境政策課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-5350
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)