学生納付特例制度について知りたいのですが

情報発信元 市民課

最終更新日 2017年4月1日

ページID 003135

印刷

答え

学生納付特例制度とは第1号被保険者である大学、専修学校等の学生の方で、本人の前年所得が一定以下(めやすは所得で118万円以下、収入では194万円以下。扶養親族等があればその人数に応じて加算があります。)の場合、在学期間中の保険料納付を後払いできる制度です。
学生納付特例期間は老齢基礎年金の受給資格要件に算入されますが、年金額には反映されません。
なお、学生納付特例期間については、10年以内であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。 追納すると、その期間は保険料を納めた期間として取り扱われます。詳しくは学生納付特例

(補足)

  • 夜間部、定時制、通信教育課程の方も対象となります。
  • 該当校については市民課国民年金担当までお問い合わせください。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民課国民年金担当

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地
電話番号: 0166-25-6306
ファクス番号: 0166-24-6967
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)